酒と映画と競輪とわたし

競輪ビギナーの、つれづれなる趣味の日記です。穏やかに生きたい.

競輪選手の趣味は読書か映画鑑賞。の、高知記念競輪 - 決勝戦予想 | 高知GⅢ 開設67周年記念よさこい賞争覇戦

レースダイジェストと合わせてYouTubeで勝利者インタビューもチェックしてしまいます。高知競輪です。

何度も1着をとる選手もいるわけで、インタビュー内容もネタ切れなのか「特技の披露」「家族へのメッセージをどうぞ」だけではなく「趣味とかリラックス方法は?」なんて質問が繰り出されます。

返答が「読書」「DVD鑑賞」。それって趣味無い、って言ってるようなもんだよ!と思っちゃうんですが。

でも、選手にとって開催のない日はトレーニング、休日はクタクタの体を休める重要な日。つくづくストイックでないと強くなれない、続けられない競技なのかな、と思います。

↓予想に反して決勝進出した松岡貴久選手の2日目の勝利者インタビュー

準決勝の3レースふりかえり。

大変!ぜんぜん予想が当たらない。

え、石井が石井が…! | 準決勝10R

期待していた石井秀治が原田、山本に捲られて撃沈。えええ~~~。

一着はノーマークだった山本伸一(京都)でしたとさ。2着ハラケン、3着オグリューで3連単95,030円。九万円欲しいよ~(´・ω・`)

若い先行力 107期 取鳥つよい~ | 準決勝11R

ジャンが鳴った時点では互いに様子見…。そこから中井がでて、取鳥が叩きそのまま先行。…中井俊亮が捲り返すも届かず取鳥1着!かわいい顔してやりよる。

山田庸平は遥か後位で武田豊樹にブロックされて後退してましたとさ。武田(御年)も自力で頑張ったんだけど、なぜホームで隙を作ってしまったんだ。4コーナーで8番手だった松岡に差されて敗退。

1着取鳥、2着桑原、で中国ラインワンツー。3着は中井の番手の三谷、同着で松岡でした。10Rも万車券!!*1

自力選手の役割を考えさせられる | 準決勝12R

特別昇進で3月にS級に上がった島川将貴(徳島109期)が凄い先行。深谷は仕掛けるタイミングをなくしたのか3コーナーまで動かず。

あれ?大丈夫?深谷、お腹痛いの?って思ってたら第2センターから(やっと)猛烈な捲くり。1着は島川の番手井上昌己、2着深谷、3着は坂本の番手芦沢でした。深谷の番手の浅井は3着とタイヤ差まで迫ったけど届かず。

島川にとってはS級昇進後はじめての大きいレース(GⅢ)しかも地元地区。番手は他地区の選手とはいえGP制覇した井上です。力出し切ったね、かっこいいよー!!(´;ω;`)ウゥゥ

それに引き換え、深谷は…。実は浅井に恨みでもあるのでしょうか。

強力自力ぞろいの細切れ戦、でも格上は深谷かな | 高知市営GⅢ 決勝戦 予想

井上が松岡に前を託さず自力です。そういう評価なのね…(; ・`д・´)

並び予想

【中国】⑥取鳥ー⑨桑原

【四国】②原田ー⑦小倉

【九州】③井上ー⑤松岡

【混成】①深谷ー⑧芦沢

【単騎】④山本

⑥取鳥が準決勝同様先行して、②原田と①深谷の捲り合戦。九州はそのどちらかに乗って、って感じでしょうか。松岡が着に絡むのは難しそう。

結果予想

展開次第で予想のしようがないけど、実力から言ったらやっぱり深谷。明日は今日みたいな心臓に悪い捲くりしないでね。

①-⑧=⑥②③

*1:+_+