酒と映画と競輪とわたし

競輪ビギナーの、つれづれなる趣味の日記です。穏やかに生きたい.

南の海が呼んで~る~🎵海は友達、ストーリーは二の次で | 【映画】モアナと伝説の海(2017)

今日は競輪がシステムメンテナンスの関係か何かで開催が無いので観てきた映画のレビューでも…。

春休み、子供向けに公開されたアニメの中から「モアナと伝説の海」です。

あらすじは?舞台はどこ?

舞台は南太平洋、公式サイトには明確なロケーションは示されていません。昔話でよくある、「昔々あるところに」というように普遍化したっていう扱いなのかもしれません。

 しかしながら、衣装やタトゥーからするとポリネシアのどこかかなぁ。

 ラグビーニュージーランド代表が躍る伝統舞踊「ハカ」を、英雄マウイが躍っていましたね。

公式サイトのストーリーは下記のとおり。引用します。

海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

ハカって何?

士気を上げる意味合いのある伝統舞踊のようです。ハカのパフォーマンスは1分過ぎから。血管きれそうですね。

大人でも楽しめる?

トーリーがいい、って感じではなく、あくまで小さい子どもも楽しめる内容なのだと思います。

映画館の大画面で綺麗な大海原を楽しむにはいいですね。 

肌の質感と海の輝き、いつまでも見ていたい

CGはどこまでいくのでしょうか。形はデフォルメされているのに肌は生々しいキラクターたちに若干鳥肌が立ちます。

これに尽きるのだけど、美しいものしか映し出さない作られた世界の大海原は、やっぱりスクリーンで観たい。

主題歌「どこまでも」は誰が歌っているの?

映画の中ではモアナ役に大抜擢の屋比久知奈さんの歌。若々しさと未来への期待が膨らむハツラツとした歌声です。南の太陽がよく似合う!

エンディングの主題歌は誰?

 エンディングの『どこまでも ~How Far I’ll Go~』を歌っているのは加藤ミリヤ さん。スタイリッシュな感じにアレンジされていますね。

屋比久さんと、加藤ミリヤさんの歌、どちらがいいのかという話も出るかと思いますが、これは場面が違うので何とも言えません。

その違いが何かというと、役者と歌手ってところ。わたしの好みでいくと、演歌歌手とかのほうが感情がこもっていいのかもしれません。