読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と映画と競輪とわたし

競輪ビギナーの、つれづれなる趣味の日記です。穏やかに生きたい.

S級S班浅井を抑えて古性優作の優勝、ひゃっほー | 松阪 【GⅢ】被災地支援 蒲生氏郷杯王座競輪

公営競技なら、ギャンブル関係の内容でもブログ書いて大丈夫なんだって。よかったよかった。

今回は松坂競輪場で行われた、【GⅢ】蒲生氏郷杯王座競輪のお話し。

競輪ブログって普通、予想を公開する場なんじゃないのか?

まぁ、そうなんだけど。競輪みはじめたばかりで、よくわかんないからさ。

復習って形でスタートしたいと思います。ほんと、真面目だね!よく言われる!

ゆくゆくは有料で予想を公開する激穴予想サイトになります。

【GⅢ】蒲生氏郷杯王座競輪ってなに?すごいの?

競輪は年に一回開催されるGP(グランプリ)、その出場権を争う年6回開催のGⅠ(ジーワン)、その次に大きいレースGⅡ(ジーツー)、そして各競輪場が年に一回開催するGⅢ(ジースリー)というようにグレード別でレースが開催されている。

地方の競輪場からしたら年に一回のお祭り…だからGⅢはそこそこ凄いんだと思う

 そんでもって蒲生氏郷ってのは戦国武将で、松坂の郷土の偉人なのだ。キリシタン大名で、人格者だったらしいが、それがなぜレースの冠になっているのかは知らない。もっと有名な人はいなかったのか松阪よ。

↓松坂競輪は、レース直後の様子や選手インタビューを公開しててファンに優しい。

古性優作くん、君がくると思っていたよ

まぁ、終わってみればなんともいえますよね。

レースの並びはこんなかんじ

同地区で結託して走るのをラインっていうの。

競輪って個人競技なのに途中までチーム戦なの。不思議ね。

【中部】⑦深谷知広ー①浅井康太ー⑤坂口晃輔

【近畿・中国】②古性優作ー⑨東口善朋ー⑧三宅達也

【関東・四国】③吉田拓矢ー④松坂英司ー⑥濱田浩司

深谷と吉田拓はデビューから華々しい戦歴のスピードスター。

そんな二人とは違って古性は凄い早い、ってよりなんかグイグイくる人という印象しかなかった。今開催の4日間しか見てないけど。

こんな結果でした。

【優勝】②古性優作(大阪・100期)

【2着】①浅井康太(三重・90期)

【3着】⑨東口善朋(和歌山・95期) 

 

最終バックあたりから捲った古性、第四コーナーあたりから最後の直線の追い込みに「根性」という文字が見えました。浅井よ、深谷くんに引いてもらってなぜ勝てない。

 

なぜか、3連単買っていたので当たりました。

100円が5700円になったよ。(他にも数点買ってたけど)

何の根拠もないフィーリングなので、振り返りようもないのですが。

いや、正しく言うとただ単に浅井がちょと嫌だからっていう消去法だったんですけどね。

ええ、ごめんなさい。顔で車券買っています。何か文句あります?

 

だったら何で古性を買ったかって?ちょうど横幅の広い浅井みたいな顔をしているのに、だって?

 

ふふふ。それはわたしも…わからない。